FC2ブログ

記事一覧

商標 ありがたい判例法? 私的理解

「商標は商標権者のものだ!!!」と勉強していない者は、早計に間違えます。広告等、一番初めに需要者が当該商品を認識する物に「商標権者とは無関係」との内容であれば、「自他商品識別機能及び出所表示機能を有しない商標の使用」となります。下記判例は、恐れ多くも、設樂隆一元知財高裁所長の判決文です。このありがたい判決文を読むことなどは、もはや裁判官として義務です。当然、刑事裁判官も読んでますよね。我々国民も、あ...

続きを読む

商標 買い受ける者にとつてその出所は明確? 私的理解

商標は、商標権者以外の第三者の指定商品に付されていると、条文上には、「商標の使用行為」となり、形式的には、侵害となる。しかし、そもそも、商標権者を想起、想像させないエンドユ-ザ-直販は、違法性を阻却する、つまり合法だ。改造品は、商標法の規制する概念には、存在しない。なぜなら、商標法は「指定商品」だからである。つまり、商標権者の範囲は、指定商品同一品又は、指定商品類似品だけである。「品質がわるい」そ...

続きを読む

商標 法目的? 私的理解

刑事裁判官が、よく考察しないのは、おそらく、冤罪の証明が、ほとんどの場合不可能である事に起因するのであろう。つまり、自分が間違っている事を証明できないと考えているからであろう事は、容易に想像できる。「やっていないことを証明する」。つまり、「事実がない事を証明する」行為だ。不可能な事を証明する場合は、これを「悪魔の証明」と呼ぶ。しかしながらである。商標法違反事件の冤罪証明は、実は簡単なのだ。なぜなら...

続きを読む

商標 一般流通市場ではない? 私的理解

「エンドユ-ザ-直接出所を示して売っても、改造品の販売は商標法違反だ!!!」ネットオ-クションは、エンドユ-ザ-直接販売です。商標を見て需要者が商標権者の商品であると認識して購入していました?していなかったら、本質的侵害の商標が「使用」される事はありません。裁判官は、商標法を何の法律であるのか?を理解していないのでしょうね。どあほですね。「一般市場で流通に供されることを目的として生産され又は取引される...

続きを読む

商標 溶けていく? 私的理解

「第三者が付して売った!!!商標法違反だ!!!」バカは勉強しなければ、治りませんね。勉強しろよ。って国民は言いたくなりますよね。まさか!? あの千里眼のはずが・・・。嫌、万華鏡でした。実は。商標権者の商標を付して売ってもいいんですよ。自分の商品と第三者の商品がキチンと需要者から、区別されていればね。おバカの謎が真夏のソフトクリ-ムの様に溶けていきますね。特許庁 工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第20版...

続きを読む